高血圧の恐ろしさ

midorinaaku

日本人は、高血圧の人の割合が多く、約4,000万人いるといわれています。数年前に厚生労働省が調査した結果によると、30歳以上の男性では約50%、女性は約40%が高血圧だというデータがあります。そして高齢者では、3人に2人は高血圧という結果も出ています。データを見る限り、年齢が上がることで、高血圧になるリスクは上がります。高齢者では、高血圧の方の方が多いので、高血圧ぐらい・・と見放されがちですが、決して放っておいてはいけません。

なぜ高血圧が怖いのかと言うと、血圧が長期間高い状態だと、血管および心臓に負担がかかり、自覚症状がなくても、動脈硬化を引き起こしたり、心臓肥大を引き起こしたりするのです。動脈硬化や、心臓肥大が起こると、脳卒中や心筋梗塞、心不全、不整脈、動脈瘤、腎不全などさまざまな循環器系の病気が起こるのです。これまでの調査によって、血圧が高ければ高いほど、循環器の病気で死に至る確立が高くなるといったデータがあり、それは若くても、高齢でも一緒です。若い方はピンと来ないかもしれませんが、データを見ても、一生のうちに高血圧になる人の方が多いことや、血圧は、基本的に加齢によって上がるものなので、健康な方でもいつか高血圧と向き合わなければならないということをしっておくと良いでしょう。

高血圧は、ありふれた病気で、症状がないことも多いですが、その意識が逆に命取りとなるのです。

高血圧は、生活習慣の改善で基本的で重要な治療法です。降圧剤で血圧を下げることはできますが、その前提に、生活習慣の改善がなければ根本的な治療にはなりません。降圧剤は、飲み続けることで、血圧を下げることができるもので、治療するものではありません。

また、正常高値血圧と言って、高血圧予備軍のかたや、家系に高血圧が多い、遺伝的要因が考えられる方は、生活習慣の改善によって、高血圧を予防することができるのです。生活習慣の改善と言えば、塩分を摂りすぎないこと、コレステロールや、動物性脂肪の摂取制限をして、野菜・果物や魚を積極的に摂ること、運動、肥満の解消、アルコールの制限、禁煙などが挙げられます。

高血圧予防に、減塩がいいことは重要ですが、一日に6g未満にすることを目標にするといいです。一方日本人が一日に摂取している食塩摂取量は、約11gで、世界的にみると、塩分を多く摂っています。だいたい食塩の摂取を1g減らせば、1mmHg程度下がると言われているので、味付けが濃い目の方が好きな方、外食が多い方、過食気味な方は、減塩療法で、十分血圧を下げる効果が期待できます。

しかし、味付けの薄い料理は美味しくないですし、減塩を心がけた食生活を送るのは、難しいと思います。苦にならない限りで減塩を心がけ、併せて血圧を下げる効果のあるものを摂取すると良いです。たとえば、野菜や果物は、カリウムやマグネシウムを豊富に含んでいるので、血圧を下げる効果があります。食物繊維も血圧のみならず、コレステロールを下げる効果を持っています。カルシウムも血圧に効果的で、低脂肪の乳製品の摂取は推奨されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>