コラーゲン1型・2型・3型はどう違う?

コラーゲンには、構造の違いにより、幾つかの種類があり、発見された順にⅠ型、Ⅱ型、Ⅲ型、・・・と名づけられました。今では30種類以上のコラーゲンが存在します。

bidha1_s

Ⅰ型は、皮、骨、歯、健などの主成分です。もっとも体内量が多く、最も研究されています。強くて硬い繊維状のコラーゲンで、皮膚の90%をⅠ型コラーゲンが占めていると言われています。皮膚の場合は、真皮の土台として、中で網目状にハリ廻っていてバネとなっています。肌のハリや弾力を保つ役割をしています。このため、化粧品やサプリメントなどに使用されているほとんどがⅠ型です。骨においては、リンとカルシウムをつなぐ役割を果たし、骨に弾力性を与えています。腱においては、筋肉と骨をつないでいます。

Ⅱ型は軟骨の主成分です。軟骨は、関節の動きを滑らかにするために、関節にかかる力を吸収するクッションの役割を果たしています。軟骨の主成分は、グルコサミンやヒアルロン酸ですが、これを網目状に作られたⅡ型コラーゲンが支えています。土台となる部分がしっかりしていないと栄養がしっかりと行き渡りません。Ⅱ型は健康食品などに多く使用されています。肌の水分を保持する機能を持つために、しわの多い皮膚には多く摂取することでアンチエイジング効果が期待されます。

Ⅲ型は主に臓器に含まれていて、細くて柔らかい繊維状のコラーゲンです。ベビーコラーゲンとも呼ばれていて、胎児の場合は50%がⅢ型であると言われています。赤ちゃんのプルプルとした肌の元になっていて、赤ちゃんの時にはたくさんありますが、25歳ごろから減少していきます。Ⅲ型の主の働きは、各組織の弾力や柔軟性に関係していると考えられています。Ⅲ型はⅠ型と共存することによりⅠ型を助ける効果もあります。皮膚が火傷や切り傷などで損傷した場合、細胞を再生させるのがⅢ型です。さらに、Ⅰ型の助けにより肌が完治していきます。このため、肌トラブルには、Ⅰ型とⅢ型が必要だといえます。

コラーゲンサプリ・コラーゲンドリンクについての解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>