コレステロールとDHA・EPAの関係

多くの生活習慣病を引き起こす原因ともなるのは、動脈硬化であると言われています。そして、血液がスムーズに流れないようにしたり血管の劣化を招いたりすることによって、動脈硬化を起こしやすくするのがコレステロールなのです。もちろん、コレステロールにも悪玉と善玉があり、病気を引き起こすのは悪玉のほうです。

gabayasai

それで、悪玉コレステロールの値を減らすことが、動脈硬化を含む生活習慣病を予防する効果的な方法と言えるのです。そこで、是非とも積極的に摂りいれたいのが、DHAやEPAといった成分でしょう。一般に、背中が青い青魚に豊富に含まれているこのDHAやEPAは、血液をさらさらにする成分としてもよく知られています。

DHAには、赤血球や血管壁を柔らかくする作用があると言われています。その結果として、血液の粘度が低くなり、血液をさらさらの状態にすることができます。さらにDHAには、善玉コレステロールを増やす働きがあります。そのため、結果として、悪玉コレステロールを排出するよう肝臓が活発に働くよう促すことになります。こうして数値が下がるというわけです。このように、コレステロールを下げるのに効果を持つDHAですが、基本的に、体内で生成されることはありません。そのため、DHAを多く含む食品やサプリから摂取するようにしましょう。

(参考:DHAサプリは効果あり?)

またEPAには、血液中の脂質が合成されるのを防ぐ働きがあります。この働きによって、コレステロールを下げることが可能になるのです。そして、このEPAも体内で作られることがないため、食品から摂取する必要があります。その際、注意すべき点があります。EPAには酸化しやすいという特性があるため、新鮮なうちに食べることがベストであると言われています。

このように、DHAやEPAは、悪玉コレステロール値を下げて善玉を増やすという効果を持っています。是非とも毎日の食生活に、これらの成分を豊富に含んだ食品を摂り入れていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>