水素水と活性酸素の関係

1okmizu

生きていくためには、常に呼吸で酸素を取り込む必要があります。体内に取り込まれた酸素は、体の隅々に運ばれて食べ物の栄養分から生きていくために必要なエネルギーを作ります。そして、老廃物として出た二酸化炭素が呼気として排出されています。

ここで、体内に入った酸素はすべてが使われて二酸化炭素となって体外に出ていくのではなく、吸い込んだ酸素のうち何パーセントかはそのまま体内に留まります。これを残留酸素と言います。残留酸素は呼吸の度に少しずつ溜まっていき、年齢が進むにつれてその量は多くなっていきます。

酸素は、元々酸化力の強い元素としてよく知られています。酸化というのは物質に取り付いて変質させる働きです。よく知られているところでは、金属がさびる現象が酸化です。体内に残った残留酸素も、元々は酸素ですから酸化パワーを持っていて、細胞にとりついて酸化させてしまいます。これが活性酸素で、活性酸素があると細胞がスムースに新陳代謝を行うことができなくなるために老化が進んだり、病気になりやすくまた治りにくくなるという困ったことがおきます。これが、活性酸素が体内のサビなどと言われて健康の維持やアンチエイジングの敵とされ嫌がられる理由です。

活性酸素対策として最近注目されている健康法のひとつに、水素水を日常的に飲むという健康法
があります。水素には還元力があり、水素水健康法ではこの水素が持っている還元パワーを応用しています。

還元というのは酸化のちょうど正反対の化学反応で、酸化した物から酸素を離して元に戻す作用です。水素水を飲むと、体内では水素が活性酸素つまり酸化物質に対して還元力を発揮してこれを除去し、体にとって全く無害な水に変わってしまいます。つまり酸化した物質である活性酸素と拮抗作用のある水素が高い濃度で溶け込んでいる水を飲んで、水素が活性酸素をターゲットとしてとらえて除去するのが水素水健康法のメカニズムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>