精力剤VS精力のつく食べ物

精力剤に頼らなくて食べ物で精がつくものを摂りたいという時には、よく言われている食べ物に、ニンニク・山芋・ウナギ・納豆・牡蠣・エビ・ニラ・生姜・鶏肉・豚肉・牛肉・卵などがあります。
yasaitokusyu
人参やゴボウなども言われています。精力がつくものには根っこを食べるものが良いと言い伝えのように言われます。中でもゴボウやニンニクなどには精子の成分でもあるアルギニンが多く含まれています。また、人参には亜鉛が含まれているのです。アルギニン・亜鉛はともに精力剤では馴染みがある成分になります。

山芋や納豆・おくらなどのねばねばする食べ物にはムチンがあり、それは粘膜を潤す効果があると言われています。そして、海の幸のウナギは高タンパクで血流を整えるビタミンEが含まれており亜鉛もあるので食べる精力剤とも言えるようなものです。牡蠣にも豊富な栄養素に亜鉛も多く含んでいるのです。肉類や卵は高タンパクでビタミンB1が多いことで肝臓の働きを助けるようになります。精力剤にはアルギニンが含まれています。アルギニンが成長ホルモンの分泌を促進することで、血管が広がり血液の流れが良くなっていきます。それはつまり勃起力が高まってくるのです。そして、血流が良くなることで筋肉は刺激に対して強くなる一方、感覚にも敏感になることで、男女ともに精力増強の効果が期待されるのです。

精力剤に含まれているアルギニンは体の中でタンパク質を作り、生きていくためには必要なものです。精子はタンパク質からできているので精力剤を利用することは精子の量もアップさせることができます。精力剤はその力が衰えてきた時だけでなく、それが成長ホルモンの分泌を促す成分ということで20代後半からの摂取もすすめられます。精力のことだけでなく体内の活性化、免疫反応の強化、筋肉の強化などにも効果的なのです。精力剤は医薬品ではありません。

体質改善の効果が期待できる栄養剤になります。食生活とともに併用していくことがより効果が期待できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>