食生活と脂質異常症の関連

脂質異常症とは、血液中に含まれる脂質が一定基準よりも多い病気のことです。血液中に含まれる脂質と言うのは、たとえばコレステロールや中性脂肪などのことです。こうした脂質が基準を超えていると、当然、血液はドロドロとした状態になってしまいます。ドロドロした血液は流れにくく、停滞しやすいですから、脂質異常症が進行していくと動脈硬化が発症しやすくなってしまいます。そして動脈硬化は心筋梗塞や脳卒中などの発症リスクを高める要因です。ですから、脂質異常症を予防すること、あるいは改善することは、重篤な疾病の発症を防ぐためにもとても必要なことです。

脂質異常症にはいくつかのタイプがあり、そのタイプごとに発症原因は異なります。
しかしいずれにしても、その原因の大きなウエイトを占めているのは食生活です。まず高LDLコレステロール血症の場合です。これはいわゆる悪玉コレステロールと呼ばれるコレステロールの値だけが基準値を超えているタイプで、脂質異常症の中でも最も多いタイプだと言われています。この場合は、動物性脂肪の多い食品、お肉や乳製品、またコレステロールの多い魚卵や鶏卵、レバーなどを好んで頻繁に、多く食べていることが原因であることが多いとされています。そして食べ過ぎによる慢性的なカロリー過多も原因のひとつです。次に中性脂肪が多過ぎる高中性脂肪血症の場合ですが、これは慢性的なカロリー過多がいちばんの原因です。食べ過ぎは勿論のこと、飲み過ぎは特に中性脂肪を増加させる要因のひとつです。ですから、このふたつのタイプの脂質異常症に限って言えば、動物性脂肪やコレステロールを多く含む食品の食べ過ぎは控えること、またアルコールの飲み過ぎは控えることが求められます。そして慢性的なカロリー過多を防ぐためにも食べ過ぎは控え、適度な運動習慣を持つことで、食事によって摂取したエネルギーを消費していくことも必要不可欠です。それと共に、コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあるとされている大豆食品、食物繊維を意識的に摂取することも効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>