食生活と脂質異常症の関連

脂質異常症とは、血液中に含まれる脂質が一定基準よりも多い病気のことです。血液中に含まれる脂質と言うのは、たとえばコレステロールや中性脂肪などのことです。こうした脂質が基準を超えていると、当然、血液はドロドロとした状態になってしまいます。ドロドロした血液は流れにくく、停滞しやすいですから、脂質異常症が進行していくと動脈硬化が発症しやすくなってしまいます。そして動脈硬化は心筋梗塞や脳卒中などの発症リスクを高める要因です。ですから、脂質異常症を予防すること、あるいは改善することは、重篤な疾病の発症を防ぐためにもとても必要なことです。

脂質異常症にはいくつかのタイプがあり、そのタイプごとに発症原因は異なります。
しかしいずれにしても、その原因の大きなウエイトを占めているのは食生活です。まず高LDLコレステロール血症の場合です。これはいわゆる悪玉コレステロールと呼ばれるコレステロールの値だけが基準値を超えているタイプで、脂質異常症の中でも最も多いタイプだと言われています。この場合は、動物性脂肪の多い食品、お肉や乳製品、またコレステロールの多い魚卵や鶏卵、レバーなどを好んで頻繁に、多く食べていることが原因であることが多いとされています。そして食べ過ぎによる慢性的なカロリー過多も原因のひとつです。次に中性脂肪が多過ぎる高中性脂肪血症の場合ですが、これは慢性的なカロリー過多がいちばんの原因です。食べ過ぎは勿論のこと、飲み過ぎは特に中性脂肪を増加させる要因のひとつです。ですから、このふたつのタイプの脂質異常症に限って言えば、動物性脂肪やコレステロールを多く含む食品の食べ過ぎは控えること、またアルコールの飲み過ぎは控えることが求められます。そして慢性的なカロリー過多を防ぐためにも食べ過ぎは控え、適度な運動習慣を持つことで、食事によって摂取したエネルギーを消費していくことも必要不可欠です。それと共に、コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあるとされている大豆食品、食物繊維を意識的に摂取することも効果的です。

人気のあるPMSサプリを紹介

多くの女性にとって、大きな問題となっているPMS。日本語では月経前症候群と言います。精神的、身体的な不調が毎月生理前に起こる症状で、ひょっとしたら自覚していない方もいるかもしれません。

seri1_s

しかし自覚のない方も、よく考えてみてください。なんとなく熱っぽい日はいつも生理前ではありませんか。恋人と喧嘩する時期、会社を辞めたくなる時、お子さんを必要以上に叱ってしまう時。それらも全てPMSの症状かも知れません。
こんなにも女性の生活や人生に影響を与えるPMS。抑えられたらいいですよね。症状が重篤な場合は医療機関にかかるべきですが、上で挙げたような症状で抑えられている方にはPMSサプリメントがお勧めです。あまり重篤ではないのに医薬品に頼るよりは、食品に近いPMSサプリで解決しましょう。

理由のわからないイライラや、風邪ではないのに風邪っぽくなる、そんな症状から解放されれば、毎日全力で楽しめるようになると思いませんか?
初潮を迎える前、毎日元気に過ごしていたことを思い出してみましょう。子供の頃のようにはいかいかもしれませんが、毎月毎月悩まされる不快な症状を少しでも和らげたいですよね。そこでPMSサプリです。

特に働く女性にとっては、PMSはやっかいなものです。男性社会で働く人にとっては更にです。毎日同じパフォーマンスを求められているのに、生理やPMSで日々状態が変わる女性の体。
まだ社会人になっていない方も、この先毎日同じコンディションでいることが求められると知っておいてください。

中には何の工夫もなしに男性社会でやっていける人もいます。しかし体の調子が月の中で大きく変動する女性も多いですよね。
そんな方はぜひ対策しましょう。

また家庭ですごす女性にとっても、日によって機嫌が大きく変わるのでは問題が生じるでしょう。家族を困らせないために、また自分が毎日気持ちよく過ごすために、工夫してみませんか。
すべての女性にとって、このサプリは生活を楽にするものです。

精力剤VS精力のつく食べ物

精力剤に頼らなくて食べ物で精がつくものを摂りたいという時には、よく言われている食べ物に、ニンニク・山芋・ウナギ・納豆・牡蠣・エビ・ニラ・生姜・鶏肉・豚肉・牛肉・卵などがあります。
yasaitokusyu
人参やゴボウなども言われています。精力がつくものには根っこを食べるものが良いと言い伝えのように言われます。中でもゴボウやニンニクなどには精子の成分でもあるアルギニンが多く含まれています。また、人参には亜鉛が含まれているのです。アルギニン・亜鉛はともに精力剤では馴染みがある成分になります。

山芋や納豆・おくらなどのねばねばする食べ物にはムチンがあり、それは粘膜を潤す効果があると言われています。そして、海の幸のウナギは高タンパクで血流を整えるビタミンEが含まれており亜鉛もあるので食べる精力剤とも言えるようなものです。牡蠣にも豊富な栄養素に亜鉛も多く含んでいるのです。肉類や卵は高タンパクでビタミンB1が多いことで肝臓の働きを助けるようになります。精力剤にはアルギニンが含まれています。アルギニンが成長ホルモンの分泌を促進することで、血管が広がり血液の流れが良くなっていきます。それはつまり勃起力が高まってくるのです。そして、血流が良くなることで筋肉は刺激に対して強くなる一方、感覚にも敏感になることで、男女ともに精力増強の効果が期待されるのです。

精力剤に含まれているアルギニンは体の中でタンパク質を作り、生きていくためには必要なものです。精子はタンパク質からできているので精力剤を利用することは精子の量もアップさせることができます。精力剤はその力が衰えてきた時だけでなく、それが成長ホルモンの分泌を促す成分ということで20代後半からの摂取もすすめられます。精力のことだけでなく体内の活性化、免疫反応の強化、筋肉の強化などにも効果的なのです。精力剤は医薬品ではありません。

体質改善の効果が期待できる栄養剤になります。食生活とともに併用していくことがより効果が期待できます

コレステロールとDHA・EPAの関係

多くの生活習慣病を引き起こす原因ともなるのは、動脈硬化であると言われています。そして、血液がスムーズに流れないようにしたり血管の劣化を招いたりすることによって、動脈硬化を起こしやすくするのがコレステロールなのです。もちろん、コレステロールにも悪玉と善玉があり、病気を引き起こすのは悪玉のほうです。

gabayasai

それで、悪玉コレステロールの値を減らすことが、動脈硬化を含む生活習慣病を予防する効果的な方法と言えるのです。そこで、是非とも積極的に摂りいれたいのが、DHAやEPAといった成分でしょう。一般に、背中が青い青魚に豊富に含まれているこのDHAやEPAは、血液をさらさらにする成分としてもよく知られています。

DHAには、赤血球や血管壁を柔らかくする作用があると言われています。その結果として、血液の粘度が低くなり、血液をさらさらの状態にすることができます。さらにDHAには、善玉コレステロールを増やす働きがあります。そのため、結果として、悪玉コレステロールを排出するよう肝臓が活発に働くよう促すことになります。こうして数値が下がるというわけです。このように、コレステロールを下げるのに効果を持つDHAですが、基本的に、体内で生成されることはありません。そのため、DHAを多く含む食品やサプリから摂取するようにしましょう。

(参考:DHAサプリは効果あり?)

またEPAには、血液中の脂質が合成されるのを防ぐ働きがあります。この働きによって、コレステロールを下げることが可能になるのです。そして、このEPAも体内で作られることがないため、食品から摂取する必要があります。その際、注意すべき点があります。EPAには酸化しやすいという特性があるため、新鮮なうちに食べることがベストであると言われています。

このように、DHAやEPAは、悪玉コレステロール値を下げて善玉を増やすという効果を持っています。是非とも毎日の食生活に、これらの成分を豊富に含んだ食品を摂り入れていきたいものです。

コラーゲン1型・2型・3型はどう違う?

コラーゲンには、構造の違いにより、幾つかの種類があり、発見された順にⅠ型、Ⅱ型、Ⅲ型、・・・と名づけられました。今では30種類以上のコラーゲンが存在します。

bidha1_s

Ⅰ型は、皮、骨、歯、健などの主成分です。もっとも体内量が多く、最も研究されています。強くて硬い繊維状のコラーゲンで、皮膚の90%をⅠ型コラーゲンが占めていると言われています。皮膚の場合は、真皮の土台として、中で網目状にハリ廻っていてバネとなっています。肌のハリや弾力を保つ役割をしています。このため、化粧品やサプリメントなどに使用されているほとんどがⅠ型です。骨においては、リンとカルシウムをつなぐ役割を果たし、骨に弾力性を与えています。腱においては、筋肉と骨をつないでいます。

Ⅱ型は軟骨の主成分です。軟骨は、関節の動きを滑らかにするために、関節にかかる力を吸収するクッションの役割を果たしています。軟骨の主成分は、グルコサミンやヒアルロン酸ですが、これを網目状に作られたⅡ型コラーゲンが支えています。土台となる部分がしっかりしていないと栄養がしっかりと行き渡りません。Ⅱ型は健康食品などに多く使用されています。肌の水分を保持する機能を持つために、しわの多い皮膚には多く摂取することでアンチエイジング効果が期待されます。

Ⅲ型は主に臓器に含まれていて、細くて柔らかい繊維状のコラーゲンです。ベビーコラーゲンとも呼ばれていて、胎児の場合は50%がⅢ型であると言われています。赤ちゃんのプルプルとした肌の元になっていて、赤ちゃんの時にはたくさんありますが、25歳ごろから減少していきます。Ⅲ型の主の働きは、各組織の弾力や柔軟性に関係していると考えられています。Ⅲ型はⅠ型と共存することによりⅠ型を助ける効果もあります。皮膚が火傷や切り傷などで損傷した場合、細胞を再生させるのがⅢ型です。さらに、Ⅰ型の助けにより肌が完治していきます。このため、肌トラブルには、Ⅰ型とⅢ型が必要だといえます。

コラーゲンサプリ・コラーゲンドリンクについての解説

乳酸菌サプリの口コミを調査しました

akawarai

乳酸菌は便秘に効くことは有名です。世の中には便秘で苦しむ方がたくさんいるのをご存知ですか?便秘を放置すると様々な体の不調が引き起こってしまいます。最悪の場合には死に至るケースがあることもあるのです。そんなに恐ろしい便秘を放置しておくことは自殺行為と言っても過言ではないのです。ところで乳酸菌がヨーグルト以外にも含まれていることを知っていましたか?ヨーグルトもそうですが乳酸菌は発酵食品に多く含まれているのです。

例えば日本人の身近なところで言うと納豆やキムチ、チーズなどです。しかしどれも独特で苦手という方も多いはずです。そんなときには乳酸菌サプリを利用してみましょう。乳酸菌サプリなら独特な味も風味も無いので安心して飲むことができます。しかし、これだけ注目されている乳酸菌ですから乳酸菌サプリも数多く出回っています。
どんなものが良いかなど迷ってしまうこともあるかと思います。

そんな時に役立つのが実際にサプリを利用した人の声を聞くことができる口コミです。口コミを有効活用して乳酸菌サプリを比較することができます。乳酸菌サプリに限らず、サプリに求められる条件があります。価格や効果、味や飲みやすさなどが重要なポイントです。その他にも見極める点はありますが主に共通しているところはその部分です。価格が高ければ買い続けることが困難になってしまうことも考えられます。逆に安いけど効果を一切感じない場合もあります。

しかし効果に関しては値段云々の問題ではないようです。これは自分の体に合うか合わないかが問題となるので個人の差はあります。ですが長らく続けているのに便秘も解消されず思ったような効果を得られない場合には違うものに乗り換えてもいいかもしれません。このように続けていくには購入者の条件に当てはまったものが話題になりますし、売れ行きも良くなります。乳酸菌サプリに関しては乳酸菌の量にも関係しているようです。

乳酸菌サプリを購入する際には口コミなどを参考にして自分に合ったものを購入しましょう。

水素水と活性酸素の関係

1okmizu

生きていくためには、常に呼吸で酸素を取り込む必要があります。体内に取り込まれた酸素は、体の隅々に運ばれて食べ物の栄養分から生きていくために必要なエネルギーを作ります。そして、老廃物として出た二酸化炭素が呼気として排出されています。

ここで、体内に入った酸素はすべてが使われて二酸化炭素となって体外に出ていくのではなく、吸い込んだ酸素のうち何パーセントかはそのまま体内に留まります。これを残留酸素と言います。残留酸素は呼吸の度に少しずつ溜まっていき、年齢が進むにつれてその量は多くなっていきます。

酸素は、元々酸化力の強い元素としてよく知られています。酸化というのは物質に取り付いて変質させる働きです。よく知られているところでは、金属がさびる現象が酸化です。体内に残った残留酸素も、元々は酸素ですから酸化パワーを持っていて、細胞にとりついて酸化させてしまいます。これが活性酸素で、活性酸素があると細胞がスムースに新陳代謝を行うことができなくなるために老化が進んだり、病気になりやすくまた治りにくくなるという困ったことがおきます。これが、活性酸素が体内のサビなどと言われて健康の維持やアンチエイジングの敵とされ嫌がられる理由です。

活性酸素対策として最近注目されている健康法のひとつに、水素水を日常的に飲むという健康法
があります。水素には還元力があり、水素水健康法ではこの水素が持っている還元パワーを応用しています。

還元というのは酸化のちょうど正反対の化学反応で、酸化した物から酸素を離して元に戻す作用です。水素水を飲むと、体内では水素が活性酸素つまり酸化物質に対して還元力を発揮してこれを除去し、体にとって全く無害な水に変わってしまいます。つまり酸化した物質である活性酸素と拮抗作用のある水素が高い濃度で溶け込んでいる水を飲んで、水素が活性酸素をターゲットとしてとらえて除去するのが水素水健康法のメカニズムです。

ロコモティブシンドロームって何?

hidaita1_s

ロコモティブシンドロームは、身体を動かすのに支障をきたす症状の中でも自身での行動が困難となるほどの危険性を伴う状態であり、一般的にロコモと略されて呼ばれます。
高齢者ほど発症のリスクは高めとなっていき、放置しておくと最終的に要介護の状況へ陥る危険性が考えられることから、日常生活へ適度な運動を取り入れておき、ロコモを予防することが重要とされています。

人が身体を動かす際に必要となるのは骨や筋肉・関節といった部分に加えて、神経系及び感覚器全般が関係しており、これらが衰えるか何らかの異常を起こすとロコモを発症する確率は高くなるといわれています。
症状の例としては階段を上る際に手すりが不可欠となったり、重いものを持ち運ぶのが困難となるなど筋力低下へ関連する状態があげられるほか、何もない平面上で滑ったり転倒する・片足で立ったまま靴下が履けないといったバランス感覚に影響する症状も該当します。

近年では高齢化と長寿命化によって介護を必要とする割合が高まっており、ロコモの状態へ陥る前の健康寿命をいかに長く保てるかが重要視されています。
また、現段階で自覚症状がない人に関しても30代以降へ該当する場合は運動不足による将来的なロコモ発症率を考慮しておく必要があり、定期的な運動を取り入れて筋力と運動機能を衰えさせないような対策を施しておくべきです。

具体的な予防法はいくつか存在しますが、手軽な方法としては片足立ちやスクワット・全身のストレッチがあげられ、太もも及びふくらはぎといった下半身の筋肉を中心に鍛えられる運動が効果を発揮します。
時間があり十分な運動を可能とする人は水泳やジョギングなど上半身も含めた有酸素運動を行う選択も有効で、広範囲の運動器系を同時に鍛えられるため、継続することでロコモに対するリスクを大幅に軽減できるというメリットが生じてきます。
食生活ではバランスの良い栄養素が求められ、筋肉と骨の機能を低下させないように気をつけておくとロコモ予防に効果を見込めます。

青汁のアレンジ方法と青汁料理レシピ

aosiru1_s

青汁には食物繊維やビタミンなど栄養が豊富に含まれていて、健康維持にも効果的なものですが、効果を得るためには青汁を継続して取らなくてはいけません。初めは飲みやすいと感じた人でも続けるうちに飽きてしまったり、飲みにくいと感じ始めることがあります。そんなときには青汁をアレンジするのが良いです。飲むヨーグルトなどに混ぜて飲んだりするのも良いですが、料理に使うのも良いアレンジ方法です。

簡単なレシピとしてはおかゆがあります。1人分の材料はごはんお茶碗1杯分、青汁1回分、水300cc、和風だし、塩少々です。作り方は青汁が粉末の場合はいつもの分量で作っておきましょう。お鍋にご飯と青汁、和風だし、塩を入れて中火にかけます。沸騰してきたら蓋をして弱火で10分ほど煮込み、時間がたったら火を止めましょう。器に入れたら、お好みで刻み葱などをちらして完成です。またお好みで、しめじやニンジン、白菜など好きな野菜を細かく切って一緒に煮込んでもおいしくいただくことができます。

また子供も一緒に楽しめるアレンジ料理としてはごはんケーキがあります。材料は4人分で粉末青汁1回分、ホットケーキミックス100g、牛乳おおさじ4.ご飯お茶碗2杯分、とろけるチーズ、白ごま少々、サラダ油です。作り方はボールにご飯をいれたら青汁を粉末のままでご飯に振りかけて軽く混ぜ合わせます。このときご飯は温かいほうが混ざりやすくて良いです。そこに、ホットケーキミックスを加えてかるく混ぜ合わせたら牛乳を加えてざっくりと混ぜ合わせます。次に白ごまをお好みで加え、とろけるチーズを手で小さめにちぎってから加えて混ぜ合わせます。この時、白ごまがない場合にはお好みのふりかけなどを混ぜてもおいしくできますし、とろけるチーズもお好みの量でかまいませんし入れなくてもおいしくできます。フライパンを熱したらサラダ油をひいて、両面に焼き色がつくまで焼き、焼けたらお皿に盛って完成です。ホットケーキミックスで程よい甘さはありますが、お好みではちみつやジャムなどをつけてもおいしくいただけます。